世界で最も安心・安全な社会基盤の確立を目指して~

   2020年1月24日(金)10:30~18:00

    東京会場 (ベルサール神田)

   2020年2月  7日(金)10:30~18:00

    大阪会場(堂島リバーフォーラム)

 

 研究開発機関・企業によるポスターセッション・デモ展示

さらに人材育成教育講座 同時開催

 

主催:内閣府、NEDO

事前登録制(参加費無料)

 2020年、東京オリンピック・パラリンピック競技大会を迎える日本にとって、サイバー攻撃の脅威は切実な問題です。サイバーセキュリティ攻撃の脅威はますます深刻化しており、その矛先も通信・放送、エネルギー、交通、物流、金融など、社会を支える重要インフラに向けられています。このため、強固なサイバーセキュリティの確保により世界で最も安心・安全な社会基盤を確立することが必達の課題となっています。

 

 戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)『重要インフラ等におけるサイバーセキュリティの確保』では、重要インフラサービスの安定運用を担う制御・通信機器や制御ネットワークを対象としたセキュリティ対策技術の研究開発、社会実装に向けた共通プラットフォームの実現とセキュリティ人材育成に取り組んでいます。

 

 本シンポジウムでは、本計画を推進する各研究機関・企業から、研究テーマ別の技術成果の講演の他、成果を分かりやすく説明したデモ展示、サイバーセキュリティ技術知識を高める人材育成基礎講座などを予定しております。研究開発の成果、技術導入に関する皆様の要望や課題の対策に関する議論の場として活用いただければ幸いです。

 

2019年度シンポジウムプログラムスケジュール(東京会場 1月24日)

東京会場は終了いたしました。大阪会場は受付中です。


2019年度シンポジウムプログラムスケジュール(大阪会場 2月7日)